a A
メッスのビックイベント
 
 

メッスのビックイベント

メッスでは、さまざまなスポーツ・文化イベントが開催されています。音楽、クリエーション、パフォーマンス、映画、文学、フェスティバルなど、メッスの人びととイベントで盛り上がりませんか?

工芸職ヨーロッパデー

フランスとヨーロッパにおける工芸職に付加価値を与え、さらなる発展を目指すための、重要なイベントです。アトリエ教室の開催、育成センターや専門学校の紹介、展覧会、さまざまな文化遺産や文化団体の参加、テーマ別ツアーなど、伝統のクオリティとノウハウを紹介しています。
  • 毎年4月開催

文学・ジャーナリズム・フェスティバル

文学・ジャーナリズム・フェスティバル

金曜から日曜にかけての3日間開催されるこのフェスティバルでは、1,500平方メートル以上の広さを持つ仮設テントの会場で、さまざまなイベントが行われます(サイン会、記者会見、上映会、作家とのディスカッション、展覧会など)。メッスではクオリティの高い作家をこのフェスティバルに招待し、さまざまな上映会やテーマ別活動などを通じ、読書の推進に貢献しています。エレーヌ・カレール・ダンコースやジャン・ジャック・アヤゴン、ピエール・レスキュール、マレック・アルテなどの著名な作家の協賛を得て、この文学フェスティバルは年を追うごとに新しく、独自のものとなっています。
  • 毎年4月、レピュブリック広場にて開催

フェスティバル・パサージュ

東欧をはじめとした世界各国から訪れるアーティストにより、新しい視線による演劇、音楽、オペラ、映画、展覧会などが開催されるフェスティバルです。
  • 毎年5月、レピュブリック広場にて開催

メッス・オン・フェット

7月から8月にかけてメッスの小道や河岸、庭や広場など、さまざまな場所で行われるメッス・オン・フェットのプログラムイベントに、メッスの住人も観光客も楽しむことができます。夏の陽気な日差しのなかで、たくさんのコンサートやスペクタクル、パフォーマンスやイベントを、気ままに楽しんでみませんか。 

屋外で行われる完全無料のこの多様かつクオリティの高い文化イベントは、メッス市が中心になって開催しています。いろいろなかたちの大道芸や音楽、サーカス、ダンス、映画、フォトコンクールなど、楽しい催し物が目白押しです。

  • 毎年7月~8月開催

メッス・プラージュ

メッス・プラージュ

夏になると貯水池プランドーに出現する、サラサラの砂の本物のビーチ。パラソルやビーチチェア、スポーツイベントなどで、バカンス気分も盛り上がります。
近年ますます大人気(2012年利用客20万7000人、2011年17万人、2010年10万7000人)のメッス・プラージュは、約2万平方メートルの敷地を1ヶ月ビーチとして整備し、大人から子どもまで湖岸でのバカンスを楽しむことができます。

また、ピクニックエリアやペタンク会場、トランポリン、読書スペース、室外の子どもアトリエ教室、水遊びエリア、ウォータースポーツ、カフェ、コンサート、演劇など、無料で参加できるさまざまな活動やイベントも盛りだくさんです。

貯水池は子どもたちも水浴が許可されており、ビーチサッカーやビーチバレーの会場、アスレチック、ミストファン(霧状扇風機)も常設されています。メッス市主催のさまざまなスポーツ大会は参加無料です。
  • 7月下旬~8月下旬、貯水池プランドーにて

ミラベル祭り

ミラベル祭り

1947年から続くミラベル祭りは、夏祭りプログラム“メッス・オン・フェット”の目玉のフェスティバルで、ロレーヌ地方首都メッスに数万人の訪問客が訪れます。毎年、8月後半に開催されますが、大道芸やコンサート、ダンスパーティー、ミラベル市、工芸市、花火大会、パレード、ミス・ミラベル大会が開催されます。
  • 8月下旬

熱気球フェスティバル

熱気球フェスティバル

メッスの熱気球フェスティバルは、年を追うごとに空の大会として有数の規模となっています。夏の終わりを告げるイベントであるこのフェスティバルには、毎年1万人以上のファンが集結します。
ヨーロッパ各地を旅する「バロン・メッス(メッス気球、2001年8月21日に命名)」がメッスの空を彩ります。メッスは、人類初の有人飛行に成功したピラートル・ド・ロジェの出生地でもあります。
  • 8月末~9月上旬、貯水池プランドー

ヨーロッパ文化遺産デー

ヨーロッパ一帯で開催されるこの文化遺産デーでは、建築や都市開発、そして昔ながらの風景を保存し、価値を与えることを目的としています。メッスはこの文化遺産デーに積極的に参加し、市所有の建造物や教会、公園や庭園を無料で一般開放しています。
  • 9月半ば

メッス・マラソン

毎年10月になると、文化都市メッスは“スポーツ都市”に変貌。2010年より続くメッス・マラソンには、子どもからお年寄りまでのスポーツ愛好家やアマチュア選手が一同に介し、マラソンコースをリズミカルに疾走します。このイベントはまた、ポンピドゥー ・センター・メッスといった、メッスの文化遺産都市を再発見するのにも最適です。 
  • 10月中旬

クリスマス・マーケットと聖ニコラス

クリスマス・マーケットと

年末が近づくにつれ、メッス市内のさまざまな地区には、クリスマスの準備に欠かせないクリスマス・マーケットが立つようになります。12月上旬には、聖ニコラスが、一年中いい子でいた子どもたちにお菓子のご褒美を渡しにやってきます。言うことを聞かなかった子どもたちには、ペール・フエッタール(おしおきおじさん)がおしおきにやってくるのです。

クリスマス前の3週末は、市内の商店やブティックも開店し、風物詩のスパイスケーキの香りに包まれたクリスマス村の雰囲気を、最後まで存分に満喫することができます。
観覧車やスケートリンク、その他のウィンタースポーツ会場も現れ、子どもも大人もクリスマスのイベントを楽しむことができます。
  • 11月末~12月末

蚤の市

メッス蚤の市は、サン・トゥーアンの蚤の市に次いで、フランス第二の規模の定期蚤の市であることをご存知でしたか? 1万5000~2万平方メートルの会場には約15以上の蚤の市が立ち、開催期間中は15万人以上の訪問客でにぎわいます。フランス頭部で最大規模を誇るメッス蚤の市は、アンティークマニアにには避けて通れない一大イベントとなっています。
  • 年間、メッス・エキスポにて
     
 

メッツへのアクセス方法

Comment venir à Metz ?

連絡先

Office de Tourisme de Metz
2, Place d'Armes - CS 80367
F-57007 Metz Cedex 1
FRANCE
+33 (0)3 87 39 00 00
+33 (0)3 87 36 59 43
contact@tourisme-metz.com

一般への開館時間

4月~9月
とクリスマスマーケット中に:

月曜~土曜:9時から19時まで
日曜祝日:10時から16時まで

10月~3月:
月曜~土曜:10時から18時まで
日曜祝日:11時から15時まで

12月25日と1月1日休館
フォローする