メス、アート&テク・メトロポール

パリからTGVで85分のメス・メトロポールは、国境(ベルギー、ドイツ、ルクセンブルグ)が交差する中心地点であり、新しく生まれ変った地域です。

「ヨーロピアン・ベスト・デスティネーション2020」第4位、音楽分野においてUNESCOの創造都市ネットワークのメンバー、3000年の歴史を誇る「アートと歴史の都市」メスには、しっかりと保護され、様々な建築様式を誇る素晴らしい文化遺産が存在します。

大聖堂、クール・ドール博物館のガロ=ロマン時代の温泉、ポンピドゥーセンター・メスで開催される新しい展覧会などを見学に訪れ下さい。アルセナルでコンサートを楽しむ、オペラ-劇場で素晴らしい歌声を聞く、もしくはリディ・リチオッティ設計のBAM(ボワット・ア・ミュージック)でメスの音楽シーンを発見してください。その他にもブロンデル、板茂、クリスチャン・ド・ポルザンパルク、ポール・シュメトフ、ジャン=ミッシェル・ウィルモットなど第一線で活躍する代表的な建築家が手掛ける建築物が、メスの街に華やかさを加えています。

メトロポール アート&テクとして、デジタル、建築材料およびプロセス、創造産業、文化産業などの地域内の革新的な分野を構成していくことに努めています。

ある種のサイン、署名、ブランド名称としてInspire Metzは、メトロポールの創造的原動力を凝縮しています。このブランド名称は、メトロポールが採用する戦略手段として、地元レベルでの創造性の価値の向上を促進し、観光客や企業、地域圏内の雇用者、新居住者などを惹きつけることを目的としています。

メトロポールの代表地区であるアンフィテアトル地区、ポンピドゥーセンター・メス、そして間もなくホテル・スタルク、Bliiida(サードプレイス French Tech)、デジタルアートのフェスティバルメスの星座、メス-テクノポールに広がるcampus technologique européenなどが、メス・メトロポールに創造的で革新的な観光スポット候補地1位としてのアイデンティティを与える長所となっています。